【サプリナビ公式】新型コロナウイルスの対策に有効と考えられるのは「ビタミンD」。その理由について。

サプリナビ公式サイトの永松です。
現在、新型肺炎こと新型コロナウイルスが大きな問題になっています。

私が現状確認、収集している範囲では特に「これが有効」と言える治療法も確立されているように見えません。
予防においては通常の感染予防や、体力の維持と免疫力の維持が重要であると考えられます。

ここから書く内容については、どこまで有効であるか、有用性について保障することは薬事法の観点などからできませんが、サプリ専門家個人の研究、意見として、新型コロナウイルスに対して有効であるかもしれないとある成分について書いていきます。

結論「ビタミンD」が有効であると考えられる。

結論から言うと、筆者としては「ビタミンD」が最も有用であると考えています。

ビタミンDは日光を浴びることで皮膚下で生成されるもので、免疫力の調整、最適化、強化に大きく作用すると言われており、近年はアレルギーの改善といった内科的な部分から、ニキビの改善といった外科的な部分まで有用であるとして注目されています。

アレルギーとは、大まかに言えば免疫異常によって起こるものであり、免疫力を調整することができれば防げます。
そのために、ヨーグルトを摂取して腸内を整え、それにより免疫の改善を図りアレルギーの改善を図るというようなことが流行ったこともありました。(筆者も試すも、体に合わず悪化。
ビタミンDがニキビからの回復にも有用と言われるのは、ニキビは微生物や細菌によって発生するものであり、免疫が整えばそうしたものを体から追い出すことが期待できるためであると考えられます。

つまり、ビタミンDは「免疫」に対してアプローチすることが期待でき、ウイルスなどから体を守る、ウイルスと体が戦うために大切な「免疫」に関係するとされるビタミンDは新型コロナウイルスに対しても有効であると考えられるということです。

一般論やネットの体験談、サプリ界隈で筆者がよく聞く話はここまでにしまして、ここからは筆者の体験談(人体実験)を紹介します。

ビタミンDを摂取した筆者の体験談(人体実験)

この項目のまとめから
・筆者は2年間、自分の体で人体実験をしてきた。
・結果として、ビタミンDは有用であると考えれる。
(※科学的な臨床実験等ではないため、薬事法的な概念などから効果を断言することはできない。)

筆者はひどい花粉症を持っています。
度合いとしては、鼻水と涙と頭痛が常につまらないほどの重症です。

鼻炎薬を飲めば副作用で眠くなったり、眠くならない物を飲んでも他の副作用として喉が渇いたり、花粉症にはうんざりしていました。
2年程前、ある一冊の本「サーファーに花粉症はいない」を頂いたのでそれを読み、サプリ界隈でもビタミンDに関する評判は時々聞いていたので、花粉症が厳しい時期にビタミンDのサプリを試し始めました。

ネット上の声や文献では毎日「6000I.U.」摂取すると良いという声を聞いていましたが、今回試そうと思ったサプリメントは1錠につき1000I.U.のビタミンDを配合していながら「1日一錠まで。それ以上は服用するな。」と書かれいたので、ビビりもあってはじめは2錠だけ飲んでみました。

するとどういうわけか、30分ほどで頭痛がマシになり、涙もマシになりました。
これはビタミンDの効果か?と疑い、さらに2錠、合計で4000I.U.摂取したところ、30分後に花粉症の症状が全ておさまりました。
鼻炎薬などであったような「喉の渇き」や「眠気」、頭の奥が少し重いような感じの違和感が無く、すっと症状だけが無くなる感じで、「花粉が無くなったのか?」と感じるほど自然に症状が止まりました。

翌朝、朝にまた花がムズムズしたので4錠飲むとそれから1日を花粉症の症状無く快適に過ごすことができ、「花粉症が無い世界はこんな世界だったか」と感動したほどです。
その次の日、「実は花粉が無くなったのでは?」などと調子に乗ってそのまま外に出て、花粉症による頭痛と鼻水と涙で死にかける事態に。

そうこうしながら、2年ほど前から現在までビタミンDを愛用しつつ、本当に効果があるのかどうかを個人的に自分の体で検証し、何度か同様のことを繰り返しました。
その結果と、データとして少なくとも次のことを事実として書いておきます。

・ここ2年間、私の体で花粉症の酷い症状が出ている時に、ビタミンDを3000I.U.から4000I.U.を1日に摂取することで筆者の花粉症はほぼ必ずおさまった。
・ここ2年間、このまま放っておくと風邪になると明らかに解る状態(風邪の初期症状が出てる状態、主観だが次の日絶対風邪になると確信するアレ。)においてビタミンDを5000I.U.摂取した翌日は風邪が必ずおさまっていた。
・そういえばここ2年でニキビが無くなった。(関連性があるかは不明だが、ビタミンDが免疫に作用していると仮定した場合には関連性があると言えるかもしれない。)

こうした事実から、ビタミンDは免疫力に強く作用していると言えると筆者は考えています。

スポンサー広告

ビタミンDがコロナウイルスに有用であると考えられる理由

現在のデータ上、新型コロナウイルスで亡くなる人の多くは年配の方に集中しています。こうした特殊なウイルスにおいては、遺伝的な部分による影響なども疑われますが、筆者としては年配の方に亡くられた方が集中していることから、特に「体力や免疫などの面」が死亡率や悪化に影響していると考えています。

そもそも、ウイルスや細菌を体から追い出す、倒す、守る、予防するには「免疫」の力が必要不可欠です。
まして治療薬やワクチン、ウイルスを死滅させる方法が無いのであれば、ウイルスと真っ向から戦うのは「体の免疫力」以外の何者でもありません。

筆者は2年間、自身の体で行った人体実験などから、ビタミンDが免疫力に対して有用であると考えており、それが正しいとするのであれば、新型コロナウイルスに対しても「ビタミンD」は有効であると言えると思います。

筆者が使っていたサプリ

ちなみに、筆者が使っていたサプリはこちらです。
Amazonの該当商品へのアフィリエイトリンクを貼らせていただきます。

大塚製薬 ネイチャーメイド スーパービタミンD(1000I.U.) 90粒

※筆者はサプリメントの専門家として、有益な情報を発信できるよう最大限に努力しています。
アフィリエイトについてはどうかご理解ください。不服であればリンクを踏まず、Google検索などからご利用ください。

免責事項
筆者の飲み方としては、4000I.U.つまり該当するサプリメントにおいて4錠を服用していたと記事内で紹介していますが、これはあくまで偽りの無い実体験を記しただけのことであり、用法外の飲み方を助長する意図は一切ありません。サプリメントの摂取はご自身の責任で行ってください。当ウェブの情報で発生した全ての損害に対して筆者は責任を負いません。

 

以上、サプリナビの永松による考察、レポートでした。

記事 著 サプリナビ 永松

「サプリメント情報検索」を活用しよう

サプリナビでは、サプリメントの専門家がサプリの情報を詳しく解説しています。

検索機能からあなたの気になるサプリメントを簡単に発見できます。
サプリナビの「サプリメント情報検索」を是非ご利用ください。

このページのQRコードはこちら

QR Code